2009年10月12日

テレビ業界について

アナウンサーの採用募集を皮切りに
テレビ局の採用がスタートしています。

続いて一般職(普通のテレビ局員)の募集がはじまります。
日テレはすでに募集が始まっており、申し込みが始まっています。

テレビ局の特色としては、
世間のイメージがよい
採用の枠が非常に狭い-各局2-30人程度
高給-日本の上場企業の中ではダントツで平均約1400万円

といったものがあります。

ただ、その一方で仕事は非常に忙しく、
仕事の時間はきまっておらず、
数日間家に帰れぬこともざらなようです。

そして今後縮小していく可能性が高く、
マスコミ全般に言えることかもしれませんが、
WEB等々の発展により視聴者も減り、広告も減り、
今後のビジネスモデルが模索されています。

最近深夜番組を中心に、
通販番組をやたら放送していたりするのはそのためだったりします。
(テレビ通販は利益を出しやすい+制作費もほとんどかからない)

またTBSでは子会社にTBSテレビ等をつくり、
社員をそちらに写して給料を下げ、人件費を削減したりしています。

ただ、就活自体は他の会社の選考も被らず、
魅力的なイメージがあるせいからか

毎年大変たくさんの学生がエントリーし、
エントリー数は1万人を超えるところもあるようです。

そのため、エントリー時に大変手のかかる課題が出されることが多くあります。
ただ、これは人数を減らし、本気度を確認する意味合いが強いので、くじけぬよう心してかかりましょう。

そして、複数回の面接等を繰り返し、
年明けから内定が出て年度内には内定者が出揃うことになります。

各社の採用過程は今後記載致します。


参考になりましたら応援クリックよろしくお願いします。
就職ブログランキングへ
タグ:テレビ
posted by PF at 23:52| Comment(0) | 企業情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。