2009年10月22日

就職活動における情報と戦略

私が就職活動をしていて感じたのが、

"情報と戦略は大切だ"ということです。

情報について

大半の日系企業は3月中にESを提出、4月の頭から面接という
スケジュールでわかりやすかったのですが、

外資金融やAM業界、TV業界などでは冬の間にエントリーが
実質的に閉め切られてしまう企業もあります。

さらにインターン等特定の採用過程があり、
そこに乗らないと採用されるのが厳しくなる企業(みずほGCF等)もあります。

このような企業では、
就活本番になって気づいた時には時すでに遅し…となりかねません。

ネット就活時代になり、
誰でも好きな会社にエントリーできるようになった反面、
有益な情報を集めてゆく必要性も高まってきています。

エントリー開始時期や採用過程の情報はとても大事だと言えるでしょう。

戦略について

上に書いたように多くの日系企業では倫理協定に則って
実質的な採用活動は4月1日スタートです。

しかし、そのため同時に併願できる会社数は非常に限られます。
同時に受けられても十数社が限界ではないでしょうか。

さらに、同時に選考が始まるため、
面接日程が重なり過密なスケジュールを強いられるようになり、
事前に選考過程を把握して予定を立てる必要が出てきます。

また、手当たり次第に企業を受けるとわけがわからなくなり、
ある程度業界を絞り取捨選択を行わざるを得なくなります。

そのため、事前に戦略性を持って就活することが肝要になります。


当ブログでも今後、就職活動をする上で有益な情報を掲載し、
皆さんが戦略的に行動する手助けができればと考えています。

参考になりましたら応援クリックよろしくお願いします。
就職ブログランキングへ
タグ:情報 戦略
posted by PF at 23:57| Comment(48) | ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。