2009年10月19日

氷河期の到来?

―大卒内定 来春28%減―

昨日の日本経済新聞の第一面の見出しです。
文系に限っては30%減だそうです。

ああ、やはりそうかと思う一面、
これで氷河期だというのも早計なのではと思います。

元々08、09年卒の売り手市場が異常であったわけで、
好景気と団塊世代の穴埋めという追い風で
09年はバブル後最高の売り手市場でした。

10年卒の採用は「普通」に戻っただけともいえます。
とはいえ前年の就活生と比べると明らかに厳しくなったと感じます。

そしてその中でも電機・自動車をはじめとしたメーカーや
金融機関・人材関係は採用をほぼ半減させています。
このような企業では明らかに厳しくなりましたね。

さらに周囲を見ていて一般職(女性)の就職が厳しくなったと感じます。
総合職の数はなかなか減らせず、一般職で調整しているようです。

09年卒では「この人もあんな大手に!」という場面をよく見ましたが、
10年卒では「何でこの人が…」という場面をよく目にします。

また、就活全般は「普通」に戻っただけなので、
ここから氷河期を迎え、採用が一層冷え込むこともありそうです。

新聞で多くの企業が「来年も変わらず」と答えていますが、
去年のこの時期も同じようなことを言っていました。
・・・そしてこの結果です。

企業イメージもあるせいか、あまりおおっぴらに「減らす」とは
言えないようなのでご注意ください。

ただ、採用減の時代も悪いことばかりではありません。

就活中に前の氷河期に入社された方のお話を伺う機会が多くありましたが、

・危機感があったため同世代の周囲も意識が高く、会社に頼らずとも生きていける人材が多い。
・各社その世代の人員が不足しがちなので転職市場で重宝される。

といったことをおっしゃっていました。

自己成長という意味では、自らの力を伸ばしてゆくチャンスに恵まれていると考えることもできるのではないでしょうか。

こういった状態だからこそ、就活の情報の重要性・戦略性は重要さを増しそうです。

以上になります。

参考になりましたら応援クリックよろしくお願いします。
就職ブログランキングへ(いつもクリックありがとうございます。)
タグ:就職氷河期
【関連する記事】
posted by PF at 23:55| Comment(2) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも見てます☆
更新がんばってくださいね〜♪
Posted by のりっぺ at 2009年10月20日 19:14
コメントありがとうございます。
今後とも充実したページになるよう努力していきます。よろしくお願いします!
Posted by PF at 2009年10月22日 19:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。